のび太としずかちゃんはガチで死んだことがある

過去の映画版「ドラえもん」で、限りない数のピンチを乗り越えてきた、
のび太とその仲間たちであるが、実は1度だけガチで死んだことがあるのは知っているだろうか。

問題の作品は、1994年に公開された「ドラえもん のび太と夢幻三剣士」である。
現実の世界に嫌気がさしたのび太が、ドラえもんの道具を使って自分の好きな夢の中で遊ぼうとするストーリーで、完全に異世界が舞台だった従来の映画版と異なり、夢と現実を行き来する異色作である。

そのラストで、敵にのび太としずかちゃんが立ち向かうが、あっけなくチリに変えられて死んでしまうのである。

その後、2人が生き返るのは言うまでもないが、
「ドラえもん」シリーズの中で、メインキャラクターの死が描かれた作品は他になく、公開当時は多くの子どもたちにトラウマを残すことになる。

作者の藤子・F・不二雄は、描き進むうちにキャラが勝手に動き始め、ストーリーとは違う方向に進んでしまったと、本作を一種の失敗作と位置づけている。

  • 「テレビ放送事故」GIFアニメ
よく読まれています
最近のコメント