ドラえもんに子どもには不適切な文字が表示される回が

長寿番組であるが故にジャイアンの声優のたてかべ和也の逝去や、ドラえもんの声優である大山のぶ代認知症が話題となっているドラえもん。1973年のスタートから、今も放送が続く大人気テレビアニメである。言わずと知れた子ども向けアニメの定番だが、2009年に大事件が起きた。

過去の放送作を収録したDVD「ドラえもんタイムマシンBOX1979」の映像の中に「コンドーム」や「交尾」、「精力」といったワイセツな文字が表示されていたのである。
問題となったのは「一生に一度は百点を」という作品のなかで、のび太がノートを使って勉強するワンシーン。ほんの2秒ほどのカットだが、そこにさりげなくワイセツな文字が書き込まれていた。セシウムさん同様、当時の制作スタッフがいたずらで落書きをしてしまったのが原因らしい。テレビでは誰も気づかなかったが、DVDにしたことでコマ送りが可能となり、いたずらがばれてしまったのである。

購入者からクレームを受け、発売元のワーナー・ブラザーズは商品の回収と交換を発表。

  • 「CM」GIFアニメ
よく読まれています
最近のコメント