MOTHER2のラスボスが異常に怖い件

1994年に発売されたスーパーファミコン用ソフト「MOTHER2」は糸井重里が制作した名作RPGである。基本的にはほのぼとのしたメルヘン作品であるのだが、最終戦だけは異常に恐怖描写が激しく、そのギャップに多くのユーザにトラウマを残す。

そのラスボスとは、苦悶の表情を浮かべた大量の人間と胎児が気味悪く動き回るというものである。最後には画面が苦悶の表情であふれかえり、多くのプレイヤーに夜トイレに行けないような恐怖を生み出した。トラウマゲームNO.1として推す声も多いという。

  • 「アニメ」GIFアニメ
よく読まれています
最近のコメント