アニメにカルト宗教のサブリミナルが

1980年代に週刊少年ジャンプで長期連載された「シティーハンター」は、東京・新宿で探偵行をうけおうスイーパーの活躍を描くハードボイルドコメディーである。
そのアニメの第三作目に、松本サリン事件や地下鉄サリン事件を起こして死刑判決を受けているオウム真理教の松本智津夫被告の顔写真がまぎれこみ、サブリミナル映像として大騒ぎになった。問題のエピソードは、1989年12月24日に放映の「シティーハンター3」第11話である。主人公の冴羽が悪漢をなぐり倒すシーンで、肉眼がでは認識できないスピードで松本被告の顔写真が挿入されていた。
放映時には問題にならなかったが、1995年に地下鉄サリン事件が起きたことにより、映像の存在が明るみになる。当時のマスコミがいっせいに日本テレビをたたく事態に発展した。

しかし別に製作者に信者がいたわけではなく、あくまでスタッフによるいたずらと判明。当時のアニメには、このような短いカットを挟み込むのが普通で、なかばファンサービスとして行われたとのことである。

当然問題のシーンは、直後に削除され、DVDでは見れなくなっている。

  • 「アニメ」GIFアニメ
よく読まれています
最近のコメント