壮絶な打ち切りラスト

1975年に放送された「宇宙の騎士テッカマン」は、宇宙征服をたくらむ悪の宇宙人に、正義のヒーロー・テッカマンが立ち向かう未来SFアニメである。

環境問題などをテーマに取り組んだ意欲作品であったが、子供たちには理解されずに半年で打ち切りとなる。
そのため急遽訪れた最終話では、敵の巨大要塞にテッカマンが雄たけびを上げて突っ込むシーンで放送終了。

尻すぼみな展開に多くの視聴者がもやもやしたとか。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 「放送事故(海外)」GIFアニメ
よく読まれています
最近のコメント